3parの集積率について

ストレージを選ぶ際に重要になっているのが集積率と言われています。

ストレージデバイスにかけられるスペースが年々狭くなっている企業も少なくありませんが、利用したい容量は増えるばかりです。

そこで注目されるようになったのが集積率です。

集積率はハードディスクやフラッシュデバイスを一定の容積にどれくらい入れられるかの指標であり、従来のストレージシステムはとても低い結果となっています。



しかし、与えられるスペースは減るばかりなので集積率に改善は急務でした。

そこで3parは革新的な技術を投入してストレージに必要なスペースを一気に減らすことに成功しています。

容積率としては従来の3parの製品よりも70%以上改善させることに成功しています。もともと3parの製品は小型で好評でしたが、さらに高集積化が進んだことでこれまでストレージを置けなかった企業でも大量のストレージ容量を得られると期待されています。



容積が減ったことで従来のストレージの置き換えも進められており、空いたスペースに新たにサーバを置いたり、ストレージを増やす企業が増えてきています。

容積が小さくなることで熱処理が気になるところですが、ハイエンドストレージを多数扱ってきた企業でもあり、廃熱処理は力が入っています。
また、フラッシュストレージについても熱処理が難しいと言われてきましたが最新の技術を投入することで従来のストレージよりも改善させたストレージとなってきています。

NAVERまとめの情報をあなたにご紹介いたします。